TS#002 (Jul13,2018_Cloudy/Tokyo)

LITTLE GIRL BLUE / NINA SIMONE

ようやく暑さのやわらいだ深夜にアイデアを整理する。そんな静かな夜に繰り返し聴きたい。

TS#001 (Jul07,2018_Cloudy/Tokyo)

Blackbird 2016 / The Orchestra of Syrian Musicians with Damon Albarn and Paul Weller

紛争を避けて、シリアを離れた生活を余儀なくされている、シリアの音楽家とデーモン・アルバーンによるライブアルバム、”Africa Express Presents… The Orchestra of Syrian Musicians & Guests”より。40名を超えるアラブ古典オーケストラによる演奏と、ポール・ウェラーの共演による、ビートルズのカバー”Blackbird” を、こんな夜にこそ。

10YP#001 _Shiro Ao くらわんか碗 (2Y)

最近気がついたのだけど、僕は物持ちが良い。高校の頃から履いている革靴とか、10代の頃からのコートとか。もちろん好きなレコードだって。ただ好みが変わってないだけとも言えるけど、それらは、変わらず好きでいることができる魅力を備えているとも言える。このスピードの速い時代に、新しいものを創造することが仕事の僕らは、こうした「10年選手」から学ぶべきことは多い。しばらく、10-year playerと称して、実際に10年使い込んでいるものと、これから10年使い続けると思えたものをスクラップしてみようと思う。

ということで、1つ目のセレクトは、ブランドの立ち上げからプロダクトデザインまで関わっている、砥部焼のブランド「白青」から「くらわんか碗」を。手前味噌ではあるけれど、安心して毎日使える強さと、手に取ったときの安定感、そして、不思議なことに食べ終わって片付ける時、なんだか清々しい気分になる。そんな食器と一緒に日常を重ねたい。

upsetters architects 2004-2014,15,16,17

構想から3年かかってしまいましたが、2/26(月)に「upsetters architects 2004-2014,15,16,17」が発売になりました。本当に多くの方にお世話になりました!自分たちなりに、これまで考えてきたこと、そしてこれからについて考えていることを色々込めた一冊になりました。
これまでに影響を受けた方、縁のある方との対談形式を中心とした「Dialogue」、日記をベースにプロジェクトを紹介する「Project&Essay」、戦略的なプロジェクトのプロセスや志向について取材記事としてまとめた「Project Journal」といったコンテンツを軸としてまとめています。いわゆる作品集ではなく、対話の中で考えていることが見えてくれば、と思っています。書きたいこと沢山はあるので、追記していきたいと思いますが、ひとまずのご報告を。ぜひ、読んで見てください!

以下、内容紹介より
——————————————————————————————————————————
Dialogue :
坂本一成(建築家)、清水義次(株式会社アフタヌーンソサエティ 代表取締役)、左京泰明(シブヤ大学 学長)、村上祐資(極地建築家)、Jeff Staple(クリエイティブディレクター)、山口 歴(アーティスト)、松波雄大・二宮敏・清水淳子(THE 3rd FLOOR)

Project&Essay :
建築、住宅、インテリア、プロダクト、ブランドなど、ピックアップした18のプロジェクトとエッセイ

Project Journal :
愛媛県のみかん産業のこれからに向けたデザイン「10 “TEN”」、砥部焼を前進させ、つないでいくデザイン「Shiro Ao」、おしぼり文化を世界に届ける老舗企業のブランド戦略「FSX」

そのほか、建築史家・倉方俊輔氏の寄稿によるあとがきなど、upsetters architectsの持つ多様なエッセンスが込められた一冊となっています。

雑誌『WIRED』日本版、刊行休止

直前のイベントでご一緒させてもらった縁で、色々話が盛り上がり、ちょっとした企画についてやりとりしていたまさにその時、その知らせは届いた。雑誌『WIRED』日本版刊行を休止。それに伴って退任する編集長、若林恵さんのテキスが興味深い。いろんな意味で、これからの社会の変化を示唆するような、象徴的な出来事かもしれないと思った。

—本文より

こないだ、発注に関するイヴェントをやったのね。そこで岡部修三さんっていう建築家の方が「建築家への発注はすべてが一回きりなんですよ」という話をしてて。で、よくよく考えたら、どんな仕事も、もしかしたら一回限りなんじゃないかって気がしてきて。その一回性のなかにどれだけ深く身を沈められるかが、ヒトってものにとってものすごく大事なことなんじゃないかと。

最後のコメントで、感慨深い引用を見つけてびっくり。

全文はこちらから

「いつも未来に驚かされていたい」(https://wired.jp/2017/12/22/oshirase/)

ほんとそうですね。ぜひ新しい一歩でまた!

12